どこもかしこもライフスタイルショップ

前記事にありますとおりゼッティーの偵察にロクヒルに行ったときのことです

エストネーションの入口に雑貨コーナーができていて、Johon DelianやらAstierやらDomaniやらDenbyやら高感度な商品が置いてありました

また、お隣のユナイテッドアローズでも同じくAstierがありました

UAは以前の記事のとおりデリアンも扱っています

今、ライフスタイルショップが流行ってますが、洋服屋もライフスタイルに傾倒してってますね

六本木もその波をかぶってました

で、商品が部分的に被ってます

アスティエ、ジョンデリ、ドマーニ・・・・何だか好感度なブランドへの集約化も感じました

差別化ということですと、Agitoのフォルナゼッティは抜きん出てるように感じます

ゼッティを扱うには高いハードルがあることは、ゼッティの壁紙を入れたときに耳にしました

Agitoでお話を聞いたときもそのようなことをおっしゃってました

ライフスタイルショップでは手が出せないところを手にしたのかなと思いました

以上、どこもかしこもライスタイルショップだなという雑感であります

ライフスタイルショップについてはちょっと懐疑的なんですよね

以前のUAの記事では感心したようなことを書いてますが、馴れてくるとまた見方が変わります

結局、ライフスタイルではなく物を売っているだけですし、色々とツッコミどころがあると感じてます

個人的に一番ひっかかるのが、ライフスタイルという広大な範囲に対して品揃えが狭く浅いというところ

どれもこれもちょこんとしかない

例えばデンビーなんかはライフスタイルショップに置いてある物より、もっと素敵なバリエーションがあります

例えばドマーニなんかも店にあるものって、随分と古いシーズンの残り物でしかなかったりします

結局、そこから調べるともっと良いのがあるじゃん!ってことになって、あーあのときは買わなくて良かったということになるパターンが多いです

私にとってはヒントやきっかけもらう入口にしかならない

それはそれで大変ありがたいことなんですが、できれば出口まで受けもってもらって、いちいち自分が動く必要なく店で見てこれに決め!という具合に完結できるよう信頼できる品揃えであって欲しいと常々感じます

これいい!でそのままレジに行けたら感動/興奮が散らばらなくて楽しいんですけどね

それこそ買い物が止まんなくなる!

まずはお店の品揃えは全てじゃないと疑うべしっていうアプローチが多くなってます

写真なし文のみの記事でご免なさい
[PR]
←menu