これぞ!というコーポラティブハウス


アーキネットのサイトにはプロジェクト毎の写真がアップされています

その中でこれは好きだとテンションがあがったプロジェクトがあります

タウンハウス野方です

このプロジェクトは居住者のインタビューも載ってまして、そこの画像で入居後の状況も少し垣間見ることができます

これはおもしろいです

インタビューから推測すると、スケルトン部分も大きく変更することができたように読めます

自由設計とは言いながら制約があり、制約の多くがスケルトンに起因するはずですから、これは自由度が高かったのではないかと思います

その自由度がダイナミックな空間につながっているように思います

コーポラはメゾネットやトリプルスレットなど上下方向に空間が設定される傾向がありまして、スケルトンがある程度動かせるとなると、天井や床を抜いたりして上下方向に空間が伸びます(場合によっては床面積は減るんでしょうね)

最近の傾向として、コーポラはリノベーションに喰われている気がしています

そのリノベーションは、空間は横にしか伸ばせませ

壁を取っ払って一室大空間とかです

でもコーポラはスケルトンがどうにかできれば上にも下にも伸ばせますということになりますので、これはデザインや設計的に売りになるんじゃあないでしょうか

そもそもリノベーションとコーポラは取得方法が大きく異なりますし、デザイン/設計だけを比較しても意味がないと思いますが
、何となくコーポラの可能性を垣間見た気がしました
[PR]
←menu