新しいドマーニの鉢、そして観葉植物

観葉植物の記事とドマーニの記事の続編です。

ドマーニの輸入元TIS TOUからBALIが入荷したとちょっと前に連絡をもらいまして、青山にあるFUGAに見に行きました。




d0162989_13175771.jpg





早速、BALIの大きいサイズを購入しました。

鉢の使い方は観葉植物に限らず収納として使ってみたり何でもありだと思いますが、空間にもうちょっとグリーンがあっても良いなということで、普通に植物を入れることに。

その場で見繕いました。

既にあるモンステラが成長著しく、購入当初に気に入った造形を保てずにドンドン変化していく様を目の当たりにしていまして、気に入った形状が保てる成長の遅い植物が良いと考えまして、鉢のすぐ近くに置いてあったサンスベリアを購入しました。

以前の記事でも書いてますが私はまず鉢ありきです。

一方で植物は成長します。

普通は植物が成長したら大きな鉢に入れ替えますが、私は鉢ありきなんで中身の植物を別の植物にサイズダウンすることになります。

じゃあ、今まで育てた植物をどうするか・・・・移転先として大きな鉢を探してもそうそう気に入ったものはありませんし、どうでもいい鉢は置きたくありません。

気に入った鉢がでてきたとしても、リビングにも許容量がありますので無闇に増やせません。

ちょっとこういう問題を抱えています。

ですので、購入当初の気に入った形状を維持して同じ鉢に入れ続けられる、そういう生き物としてというよりかはオブジェとして付き合える生育の遅い植物を求めることになります。

そこで選んだのがサンスベリアのスタッキー。




d0162989_1319118.jpg





生育が遅いとなると多肉系ぐらいしかないですからね。

面倒なので土はセラミスを使ってまして、水やりの手間を軽くして、植物の生育を遅らせています。

でも、購入して1ヶ月もしないうちに新芽がグングン出てきました。




d0162989_13201630.jpg





な、なぜ・・・・思ったより早いんですが。

観葉植物なぞアートなオブジェぐらいにしか考えていない私には、彼らの生き物として当然の振る舞いが悩ましかったりします。

植物愛好家に怒られそうですが。
[PR]
←menu