スペシャリティコーヒーに目覚める ⑤

またコーヒーの話です。

お店を回ったり自宅で淹れたりを続けております。

以前に記事に書いたことから進化したところが多々あるのですが、特に修正しないことにします。

修正したところで、更に変わり続けるのでしょうから。

以前の記事に書きましたスペシャルティを出すお店詣は、出掛けた先にあればついでに立ち寄る感じで続けています。

最近、伺ったのはTHE COFFEESHOPCCCRyumon coffee standなどです。

bonjour recordにあるスタンドも伺いました。

レコードにあるインショップのスタンドですが、しっかりスペシャルティしています。

でも、レコード屋の客には分かんないだろうと思います。

インショップでコーヒースタンドを入れるのは流行ってますね。

気軽に、何かのついでに本当においしいコーヒーが飲めるというのは素晴らしいことです。

どんどん身近になればいいと思います。

家でも毎日のように淹れております。

お店で出されるのと同等、それ以上のものが飲めますので。

NOZY COFFEE堀口珈琲Paul BassettCCCMi Cafeto・・・・・スペシャルティ系のお店の豆を転々としています。

少し前まで職場が代々木上原でして、堀口珈琲の焙煎工房が会社の裏手にあったので、よく行きました。

何種類か豆を買っては飲み比べをして、焙煎工房で焙煎士を捕まえてあ~だこ~だとフィードバックします。

そして自分の中を整理していきます。

これを繰り返したんですが非常に勉強になりました。

堀口珈琲のセミナーと同等かそれ以上の効果がありました。

今は職場が変わったのでできませんが、自分の中で貴重な蓄積ができました。

そうそう、堀口珈琲のセミナーに参加してきましたので、本日はそれを記事にします。

受けたクラスは抽出とカッピング初級です。

抽出は、まずこれを受けないと他のセミナーが受けられないとのことで参加した次第でして、目的はカッピングです。

結局、コーヒーの味は豆の選択で大方は決まってしまってしまいます。

抽出は豆のもっている味以上は引き出せません。

スペシャルティの豆であればどんな淹れ方をしてもそれなりです。

そんなスペシャルティな豆はネットなどで簡単に手に入ります。

ここまでは非常に簡単なんですが、この後が最大の関門であり一番大事なところです。

それは飲む人の感じ方。

美味しいのを淹れても最終的な出口で味わい尽くせなければ本末転倒です。

自分の味覚(嗅覚もですね)を鍛えるならカッピング、ということで行ってまいりました。

結論としては触りの部分だけ掴んだ程度でして、これは継続しないと全く身につかない。

あくまで自身がエンジョイするためなので、触りを掴んだだけでOKです。

日々、コーヒーを淹れながらケニヤの華やかな酸味が出たとか、毎回同じレベルで淹れられるようになったとか、そういう感じで気楽に楽しみます。

堀口珈琲のセミナーですが、回によってはアッという間に枠が埋まります。

私もいつにしようか迷っていた数分の内に候補をすべて失いました。

結構、人気です。

セミナーは話が半分以上を占めますが、この話が大変おもしろい。

最終的には自分がどう感じるか、それをどう思うかという主観的な評価しかあり得ない世界で、これはおいしいとかこういうのがイイのだという共有できる部分を誠実に作り上げようと腐心されているところは大いに共感できました。

でも、堀口珈琲の考え方が全てじゃないとも思いました。

豆はとてもおいしく信頼できるのですが。

例えば深く煎ることに耐える豆が良い豆というようなことをおっしゃっていて、基本的にその豆が一番深く煎れるところまで煎った状態をベストローストと考えるよう傾向を感じています。

一方で、フレンチプレスで抽出することを奨めているようなお店(丸山珈琲、NOZY COFFEE、Paul Bassett等々)はちょっと違います。

豆によりますが、もっと手前で止めていたりします。

でも、飲み比べるとどっちもおいしい。

これ、大事な所です。

どっちが上かじゃないということ、おいしいの基準は一つではないということ。

当たり前ですが、どのお店とお話ししても皆さん自負が強くありまして、他の価値観を否定したり非難はしないんですけど、自分の考えがベストと強く思ってらっしゃる感じをとても受けます。

自負が強いということは結局、他の可能性を意識的にではないにしろ無意識に排斥していることとさほど変わりないんじゃないかと思うのです。

プロですから自負、アイデンティティというのはとても大事なことなんでしょうが。

そんなんで私はここのお店が一番なんて狭い了見にはまらずに、豆の海原を広く渡り歩いて自分なりに幸せになれる豆との出会いを楽しもうと思います。

ちなみに堀口のセミナーですが、私が参加した回にはスタバの方(社員?)もいらっしゃっていました。

その方に講師である堀口社長が「だからスタバはあそこの産地を手放さないのですよ!」などスタバの深いところの狙いを解説したりしておもしろかったです。

話はかなりおもしろいんですよ、堀口社長はかなりセミナー慣れしてます。

受講料は計8,400円でして、受講する前はちょっと高いんじゃないのと思っていましたが、受講してみると割高感は払拭されました。

興味ある方は、是非受講をオススメします。

-----------------------

そうそう、高いスペシャルティを安く買いたい方にオススメなのはNOZY COFFEEのギフトセットです。

単品購入よりもかなりお買い得です。

全てシングルオリジンでしてブレンドが混ざらないのも良いです。

量が多くても冷凍しておけばOKですので。

一度、冷凍したものは口を開けてからも冷凍保存で使い切ってください。
[PR]
←menu