ショップ「The Little Shop Of Flowers」について

d0162989_2142224.jpg


前回の記事の中で、B&Y渋谷キャットストリート店のショップインショップとしてお花屋さんが入っていると書きましたが、名前を「The Little Shop OF Flowers」と言います。

B&Yの店員さんから「GUTHRIEがやってるんですよ!」と言われて、はて?ガスリー?聞いたことあるな・・・と思い出せずにいたら「BOYですよ、BOY!」と言われて尚、見苦しいオッサンはてな顔をしていると「BAND OF OUTSIDERSです。」と言われてようやくハイハイハイ!

以前、クレジットカードで自転車操業しつつブラックリストまっしぐらなモード洋服アディクトでした。

結婚に際して、経済的な信用の立て直しを図るべく破滅的な洋服への傾倒を捨て去りました。

それでも、そうそうすぐにグンゼのTシャツとか着れるわけないので、「マルジェラのTシャツ」とか手に入りやすく且つ一定のお洒落度を備えた洋服を探して購入していました。

マルジェラは本当にTシャツだけしか買えないんですが、BAND OF OUTSIDERSとかブルックスのBLACK FLEECEあたりは比較的買いやすいので、毎シーズンチェックしているのです。

妻もちょっと洒落た雰囲気の仕事着としてBAND~のレディスライン「BOY」とか着ています。

ちなみに余談ですが、妻のお出掛け着のような良い服は、基本的には私がセレクト/コーディネートして買ってます。

私、どんなレディースの店も入っていけます。(これ自慢になるのか?)

伊勢丹やバーニーズのレディスフロアなんかで、好きでよく一人で洋服みてましたし。

ワンピとか取って鏡の前で自分に合わせたりすると、周辺に緊張感が走ったりしておもろいんですよね。

そういうおちょくりパフォーマンスも好きです。

2000年くらいに話題になったセリーヌのガンベルト(レディス)なんてオープン前に並んで、開店と同時に走ったこともあります。(心斎橋にある大丸百貨店の2Fのショップ)

男は私一人でした。

前日に下見をして最短ルートを確認し、当日も運動着で走りましたので、ヒールとかつっかけの女性陣に負けるわけがない。

断突の一等賞で、セリーヌの店員や2位以下の女性陣からマジマジと見られました。

でも気にしません。

すいません、過去話に脱線してしまいました。

そうなんです、BAND OF OUTSIDERSのプレス屋さんがお花屋さんをするんだ!と驚いんたんです。

で、本店を見たら代々木上原となってまして、仕事場の近くにあることが判明。

イエロー導入プロジェクトの一環として、フォルナゼッティの花瓶にのせる王冠の黄色いオブジェを発注するために行って参りました。

d0162989_2243297.jpg


井の頭通りからちょっと入った所にある2~3坪の小さいお店です。

ただお花を売っているお花屋さんではなく加工前提のお花屋さんのような感じです。

作品はサイトの方で見れます。

購入を検討している王冠の商品はこちらです。

王冠の中にプリザーブドやドライのフラワーを詰め込んでます。

フォルナゼッティにかぶせるとどんな感じになるのか見たくて、壺を持参したのですが王冠の商品は全てB&Yにあるとのことで、その足でB&Yに立ち寄って組み合わせてみました。

赤が大きいサイズ、青が小さいサイズです。

d0162989_2295729.jpg


d0162989_22101070.jpg


王冠と下の顔が主役の座を争っているような感じで、あまり上手くまとまってはいないのだと思います。

結構、縦長になってしまいますし。

B&Yの店員さんを捕まえて意見を聞いたら、ハッキリしない返事だったので、微妙なのかもしれません。

でもオブジェとしてのインパクトはかなりあると感じましたので、そのパンチ力一本勝負で形にしようと考えています。

最悪、それぞれがそれぞれが主役級なので、別々に飾っても様になるということで。

というか組み合わせない方がいいでしょうか?

迷ってます。

d0162989_2212393.jpg


マスタード色に、王冠によくある縦列の宝石に見立てて、小さいブルーとグレーのお花をアクセントにあしらってもらうイメージです。
[PR]
←menu