壁紙の追加工事② 寝室

1つ前の記事ウォールデコレーション追加工事~壁紙選び~で書きましたが、コーポラに入居してもまだまだ空間作りをしたいということで目を付けた壁紙追加工事なので、完全にアイデア先行です。

ですので、どこに入れてやろうかとスペースを後付けで探したのですが、最初に思いついたのが寝室のベットの頭の部分に位置するニッチなスペースの壁です。

d0162989_21395524.jpg


通風口がある部分です。

では、どんな壁紙が良いか・・・・この寝室は何度も紹介していますが、寝室の機能を最小化して、余白に執務スペース兼DJブースを置き、壁一面にレコード棚を設置しています。

過去記事階段を単なる通路にしない①などで書きました「狭い空間を限りなく有効活用するために、1つの目的/用途しか持たない箇所に複数の意味づけを施す」ことをやった結果でして、良い意味でも悪い意味でも自分流のカスタマイズを施した個性的な空間になっています。

他の方にしてみれば居心地/寝心地が悪いかも知れませんが、私にとってはとても居心地が良い空間です。

そういう中に放り込んでも馴染んで魅力を発する壁紙が良いと考えまして、ちょっと個性的なやつを選ぼうと考えました。

そんな都合良く見つからないだろうと探し始めた矢先、「えっこんなんあんの!?」と衝撃的な出会いをした壁紙があります。

d0162989_21562793.jpg


BORASTAETER(スウェーデン)のECO STUDIOシリーズの「レコード棚」柄の壁紙です。

元々、DJをやっていて、それなりのレコードコレクションもあります。

自分の好きなモノがそのまま壁紙になっているなんて・・・・神様、アナタは何て素敵なおじ様なのだと天を仰ぎました。

フェイクなレコード棚とリアルなレコード棚が同じ空間にある・・・・何となく格好いいシュール臭が漂います。

大事ですね、シュール臭は。

インテリアはひねくれないと。

空間的にも既にレコード棚が存在してますので、個性的な壁紙だとしても馴染まない訳がありません。

あ~もうこれしかない的に電気が走りまして即決です。

まあ、一目惚れほど落とし穴が見えなくなりますので、早速ですね、輸入元のトミタのショールームに行きまして実物を確認の上、サンプル帳の貸し出しを受けまして、現場で柄合わせをしました。

d0162989_2264136.jpg


置いてみた瞬間、間違いなくいイケる!!!と確信を覚えました。

壁紙のコーディネートは初めてだったので不安があったのですが、「イイものはイイ電気」は体を走るものですね。

ちょっと気になったのが壁紙の柄のボリュームに対して、貼る壁の面積が少ないということです。

じゃあ、窓の下の腰壁にも壁紙を貼って、反対側にあるリアルのレコード棚までつなげてしまえ、と考えました。

d0162989_22114861.jpg


ここもおかしくないですね。

念のために、後日、実況見分にいらっしゃったトミタの営業の方とインテリアコーディネーターの方に意見を聞いたところ、「寝室は無難に収めがちだけど、DJブースとか色々な要素が入り込んだりして施主の趣向が強く出ており、普通の寝室じゃなくなっているので、壁紙も思いっ切りやった方が良い」と後押しをしてくれました。

モヤモヤを言葉にしてもっらたような気がして、流石、プロだと感じ入りました。

その後、震災の影響などで工事が遅れまして、先週の土曜日にようやく工事が入りました。

ドキドキしながら作業を見守りました。

d0162989_222291.jpg


コーポラ工事の際はほとんど現場に見に行くことをしなかったため、作業を間近に見ることがなかったので、簡単な工事とはいえ壁紙を貼る作業は目新しくて食い入るように見入りました。

作業開始から2時間ぐらいかかり、ようやく完成!

d0162989_22243777.jpg


d0162989_22252518.jpg


d0162989_22253910.jpg


(白く目立つ神保のコンセント/スイッチプレートと通風口の金具は後日、黒に変更します)

出来上がりを見て、思わず溜め息を漏らしました。

作業をした職人さんも、こういうのはやったことなかったけどおもしろいよね~とおっしゃって、写メ撮ってました。

乾燥させた後、ベッドを戻して作業完了です。

d0162989_22353151.jpg


d0162989_22354820.jpg


d0162989_2236363.jpg


d0162989_22361775.jpg


d0162989_22363034.jpg


d0162989_22364197.jpg


壁紙ってこんなにテンション揚がるんだ!と圧倒されました。

いや~、お洒落な空間を賢く作るなら、こんなオイシイ建材を捨て置いてはいけない、本当にそう感じました。

------------------

数日経過して冷静に見てみると、カーテンボックスの白、カーテンのシルバー、腰壁上部の枠板の白、モノクロの壁紙、腰壁足下の幅木の白・・・・細かく色が切り替わっており、どこかうまく収まっていない感じがしています。

腰壁上部と足下の白を黒に塗装してモノクロの壁紙と一体化させ、ドレープのカーテンを白にしてスッキリと整理をすると、壁紙がより主役に見えて空間の完成度があがるような気がします。

でも、シルバーのカーテンは過去記事でも書きましたが、思い入れたっぷり、金銭的な投資もたっぷりなので、暫くはとても変えられません。

また、そんなこと言い出したら妻は発狂します。

でも壁紙が主役だし、数年は張り替えしないし、だったら早く手当をした方が良いのですが・・・。

もうちょっと熟考したいと思います。
[PR]
←menu