CHILEWICHのランチョンマット

ウチのダイニングテーブルは造作でして、テーブル上面がウォールナット厚突きのウレタンクリアのマット塗装です。

大人が普通に使う分にはまあ問題ないのですが、大きくて重い陶器のお皿などを置くときは傷つくのではないかという予感が頭をよぎり、少し神経質になります。

小さな子供がいたら必ず傷が入りますね。

実際にウチは2箇所(納品5ヶ月)あります。

突き板は傷が入ると白く筋になって、当然ですが元に戻りません。

だったらいっそランチョンマットをひいて、精神衛生を向上させようと思いました。

そこでBALSとかSEMPREとかLIVING MOTIFとかCIBONEとかで探して、全ての店に置いてあったCHILEWICHに決めました。

d0162989_21532940.jpg


見た目はなかなかモダンで悪くないのですが、見た目よりも使い勝手の良さに驚きました。

まず突き板のガードとしては申し分ありません。

汚れても目立たず、その後の掃除も楽ちんです。

化学繊維っぽいといいますか、ビニールっぽい素材で編んであるのですが、さっと水洗いでさっと汚れが落ちます。

もともとランチョンマットって使ったことがなく、煩わしく感じて使わなくなるのではないかと危ぶんでいたのですが杞憂でした。

とても実用的です。

d0162989_21545960.jpg


ランチョンマット以外にも色々な商品があって、ウレタンのクッション材を貼り付けたマットが個人的に気に入りました。

ゴザっぽい素っ気ない感じと、ケミカルな感じの雰囲気がとても合っていて、我がコーポラのタイル敷きのリビングの床とも調和します。

夏向けに購入を検討しています。

それからソファに置くクッションカバーもケミカル×ケミカルしていて気に入りました。

いずれの商品もネット等で簡単に検索して購入できます。
[PR]
←menu